Background M&Aを行う背景

  • HOME>
  • M&Aを行う背景

M&Aの背景

M&Aが行われる背景には様々なものがありますが、一例としては以下のようなものがあります。

  • 会社の株式を売却したい
  • 自社の一部の事業を売却したい
  • 同業他社を買収して事業規模を拡大したい
  • 異なる業種の会社を買収して新たなビジネスを展開したい
  • 他社の一部の事業を買収したい
  • 他社と資本業務提携を行いたい
  • 新たに株式を発行して資金調達を行いたい
  • 複数の会社を合併したい
  • 持株会社を設立したい
  • 将来業績が伸びそうな会社に投資したい
M&Aの背景

このような背景のもとで、相手方がいる取引の場合には、当該相手方にM&Aのオファーをすることで、M&Aは徐々に進んで行くことになります。
また、M&Aの手法は多岐にわたりますが、個々のM&Aにおいてどのような手法を利用することができるかは、M&Aが行われる背景により異なってきます。

当事務所の強み

八木&パートナーズ法律事務所-弁護士八木

当事務所の弁護士は、デューデリジェンスや契約書の作成といった一般的な弁護士が提供しているサポートにとどまらず、野村證券株式会社のM&Aアドバイザリー部門においてフィナンシャル・アドバイザーとして勤務した経験に基づき、依頼者の皆様がM&Aを行われる背景に基づくとどのようにM&Aを進めることが望ましいか、またどのような手法を利用すべきかといった、M&Aに関する総合的なアドバイスを提供しております。

「M&Aの当事者となったが、何をすればよいのか分からない」といった場合には、当事務所までご相談ください。

03-3525-8940

お問い
合わせ