Succession(M&A) 社外への引継ぎ (M&A)

  • HOME>
  • 社外への引継ぎ (M&A)

社外への引継ぎ(M&A)について

社外への引継ぎM&A

社外の第三者への株式譲渡・事業譲渡といったM&Aの手法を用いた事業承継は、現在では広く行われております。
特に業績が好調で、将来的にも収益を伸ばしていくことが可能な会社であれば、こちらの手法を積極的に活用することが考えられますが、社外への引継ぎによる事業承継の場合、株式・事業の譲受けを希望する買主の存在が不可欠となります。社外への引継ぎを希望される場合、買主を見つけることが最初に越えなければならないハードルとなります。

経営者の皆様の中には、証券会社やいわゆるM&A仲介会社に対して、買主の探索を既に相談されている方、あるいは相談を検討されている方もおられるかと思いますが、当事務所でも会社の規模や予算に応じて、証券会社・M&A仲介会社をご紹介させていただくことが可能です。

なお、社外への引継ぎによる事業承継については、ご親族への承継の場合とは異なり純粋な取引としての側面があるため、特に以下の点について弁護士・公認会計士・税理士等の専門家のサポートを受ける必要性が高くなります。

  • 株式・事業の時価評価
  • 取引により課される税金の計算
  • 契約の内容についての交渉

当事務所の強み

八木&パートナーズ法律事務所-弁護士八木

当事務所では、事業承継・M&Aについて豊富な知識と経験を有した公認会計士・税理士とのネットワークを有効に活用し、ワンチームで経営者の皆様をサポートさせていただきます。

事業承継をスムーズかつ確実に実行させるために、まずは当事務所までご相談ください。

03-3525-8940

お問い
合わせ