Financial Restructuring / Turnaround 事業再生

  • HOME>
  • 事業再生

事業再生について

弁護士による事業再生

事業承継を検討されている経営者の皆様の中には、「会社の業績が好調とはいえず、このままでは事業承継の実行後も会社が存続できるかわからない」、「金融機関からの借入金の返済や買掛金の支払が滞っており、破産して廃業した方が良いかもしれない」、とった不安や疑問を抱えておられる方が多くおられます。特にご親族への事業承継の場合において、ご息女・ご子息らが債務を負担するような事態は避ける必要がありますので、このような問題は顕著となります。

当事務所の考えや強み

上記のような会社の業績に関わる問題でお悩みの経営者の皆様に対し、当事務所では、金融機関に対する負債の一部免除といった「事業再生」を、事業承継と並行して行うことをご提案させていただいております。

会社の業績不振の原因は様々ですが、事業承継を行うことで、経営に新たな視点が生まれたり、事業の内容に抜本的な改革(不採算部門の縮小・閉鎖など)を行うことが容易になります。また、現在の経営者が責任を取って退任し、会社の経営を次世代に承継することは、金融機関に対する負債の一部免除を受ける上で、必要なプロセスとなります。

当事務所の強み

八木&パートナーズ法律事務所-弁護士八木

さらに当事務所の強みの一つとして、大手広告代理店との協力関係があり、後継者となられる予定の方が会社の業績改善に不安を抱えられているような場合には、大手広告代理店から以下のようなサービスを提供させていただくことが可能です。

  • 人材採用におけるリクルートブランディング
  • 会社のビジョン構築・従業員への浸透
  • 商品・サービスに関するマーケティングプロモーション
  • 営業のトークスクリプトの作成等のエフェクティブセールスオペレーション
  • 消費者視点でのニーズを踏まえた新たな商品・サービス・事業の開発

事業承継が常に成功するとは限らないのと同じく、事業再生も成功しない時もありますが、当事務所では経営者の皆様・後継者となられる方に対して最大限のサポートをさせていただいておりますので、会社の業績に関わる問題でお悩みの場合でも、当事務所までご相談ください。

03-3525-8940

お問い
合わせ